<< ところで、どんな写真を撮りますか? | main | 日々、寒くなっています >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ちょっとした希望

このねこさん、よく見ると耳がちょっとだけ切れていました。
これは、「去勢、避妊手術しました」のマークです。
皆さんはご存知ですか?
一般にのらねこ、といわれるねこたちを
「地域ねこ」としてボランティアの皆さんが世話しているのです。
または、飼い主さんを探したりといろいろな活動をしていらっしゃいます。

実は、うちのねこさんたちも、元のらねこで、里親さんから譲って頂いたねこなのです。

この写真のねこさんのように、地域で飼われ、去勢マークを耳に持つ子を
初めて見ました。
これは自分にとって、希望が見えました。
そして、この子は皆にとてもかわいがられていました。

あるお母さんとちいさい男の子2人がこのねこさんの近くにやってきて、
おかあさんが子供にこう言っていました。
『どうぶつは大切にしなきゃねだめだよ、やさしくしなきゃだめだよ。』
そう言って、やさしくなでていました。
男の子はとくに何もこたえてはいないようでしたが、何か伝わっているようでした。
これもまた、希望がみえた瞬間でした。

 
希望の光が見えてるにゃ

at 21:16, tomoko, ニャンダフルライフ!!!

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:16, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://buenos-dias.jugem.jp/trackback/60