<< MGMT | main | すべてがそろった時 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ISO感度

この前の写真講座の続きです。

今日はISO感度についてお話させて頂きます。
よろしくお願いします。

ISO感度と書いて「イソ」感度と読みます。
日常生活には絶対に出てこないこの言葉は、写真用語です。
カメラを使わない限り、出会わない言葉だと思います。

でも、大抵のデジカメには、「ISO」って機能がついています。
これは、同じ状況で、光をどのくらい取り込めるかを変えられる機能です。

感度の表記は
ISO100、400、800、1600
このくらいが、普通の撮影に使う、感度です。
(じっさいはもっと幅広く、たくさんあるのですが、日常の撮影では、この範囲で十分だとおもいます。)

この数字が大きくなるほど、たくさんの光を取り込めます。
要するに、暗いところでも、撮影ができるのです。

数字が大きいほど、「感度が高い」
その逆で小さいほど「感度が低い」という表し方をします。

明るい日中は、400で十分です。
夜の撮影は、1600ぐらいを使って撮ったりもします。

ここで、ひとつ、感度が高いほど、粒子が荒れて、
出来上がりがざらざらした感じになります。

なので、感度が高ければいいってわけでもありません。

では、被写体が暗い時は、どうしたらいいのでしょう?
それはシャッタースピードと絞りという要素と関係があります。

次回、シャッタースピードについて、お話させていただこうとおもいます。

では、また!!

at 22:29, tomoko, ワンポイント写真講座

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 22:29, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://buenos-dias.jugem.jp/trackback/231