<< ねこのお仕事 | main | どんなにおいなんですか? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

露出で広がる写真

 すっかり春っぽくなりました。
うちのねこたちもついに換毛期を本格的に迎えました。
わたしにとってこれが、春の訪れを感じる一番の出来事です。

そうそう、春です。
写真を撮るにも、春の光はとても魅力的ですね。

そこで今日は、
『マニュアルで露出をとって、撮影する』
について、お話したいとおもいます。
よろしくお願いします。

マニュアルで露出とは、
どのくらいの量の光を写すか
を、自分で決めるってことです。

カメラでオートで撮ると、
その辺はカメラが全部やってくれます。

オートで撮るのは、確かに楽です。
でも、自分の想いのままの写真をオートで撮るには
無理がでてきます。

最近のカメラは頭がいいから、結構いい仕事してくれるのですが
ずっとそれでやっていると、
物足りなくなってくると思います。

物足りなくなった方は、マニュアルで撮影をぜひやってみていただきたいです。

露出は、「レンズの絞り」と「シャッタースピード」で決まります。

レンズの絞りはレンズを開いたり、閉じたりすることです。
シャッタースピードはカシャっとシャッターを切る早さです。

この2つの組み合わせで、露出が決まります。

それにISO感度という要素が関わってきます。

というわけで、
次回以降で、「シャッタースピード」 「レンズの絞り」 「ISO感度」
を3回に分けて、説明していきたいとおもいます。

初回は「ISO感度」についてお話していこうとおもいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

at 21:08, tomoko, ワンポイント写真講座

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:08, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://buenos-dias.jugem.jp/trackback/226